PR

産経WEST 産経WEST

三反園知事名の出産祝い配布依頼 鹿児島県、市町から反発も

Messenger

 鹿児島県が、県内の全市町村に対し、出生届が出された際に三反園訓県知事のメッセージ入りカードを窓口で配布するよう依頼していたことが14日、明らかになった。県が示したカード案には三反園氏の顔写真も含まれており、7市町が協力を断るなど反発が出ている。県の担当者は「知事のメッセージを入れるのは一案にすぎない。意図が正しく伝わっていなかった」と釈明している。

 県こども家庭課によると、8月31日までに出生届の受理や母子手帳の交付を担当する市町村の部署に対し、知事のメッセージ入りカードの配布に協力できるかどうかを問う内容をメールで送信。その際、資料として三反園氏がNPO法人に寄せた「皆さんと心を一つにして、子育て支援に全力で取り組む」などとするメッセージの内容と顔写真が添付されていた。

 これに対し、県内43市町村のうち、7市町が不可と回答した。協力を断った自治体からは「市町村の窓口で配るのには違和感がある」「市長のメッセージも配らないのにおかしい」などと困惑や反発する声が出ている。

 県の担当者は「県の子育て支援の考え方を妊産婦に伝える一つの方法として考えた。法律違反には当たらない」と強調。三反園氏から配布に関する指示などはなかったとした上で、今後の対応は検討するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ