PR

産経WEST 産経WEST

給食ご飯に鉄片混入 佐賀・武雄の小学校

Messenger

 佐賀県武雄市教育委員会は14日、市立小1校で給食のご飯に薄い鉄片が二つ混入していたと明らかにした。児童らが口に含むことはなかった。

 市教委によると、北方小2年生の1学級で、給食当番の児童が、金属製の入れ物で運ばれてきたご飯を配膳する際、四角形と三角形の鉄片が埋まっているのを見つけた。それぞれ厚さは0・5ミリ以下で幅は1センチ未満。ともに黒っぽい色だった。

 ご飯は佐賀市の給食業者が同日午前8時ごろに炊いたもの。市教委や業者は、調理室内の配管のさびがはがれ落ちた可能性があるとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ