PR

産経WEST 産経WEST

NTTドコモ、大阪で関西初の5G検証施設を開設

「ドコモ5Gオープンラボ」で公開された、5Gで伝送されたVR(仮想現実)映像による遠隔医療講座のイメージ=14日、大阪市北区(黒川信雄撮影)
Messenger

 NTTドコモは14日、大阪市北区の梅田DTタワー内に、次世代通信規格「5G」技術の検証施設「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」を開設した。国内2カ所目で、西日本では初。

 5Gは「第5世代」の移動通信方式とされ、現在の携帯電話で一般的に利用される通信方式の約100倍のスピードが実現できる。大量の機器をインターネットに同時接続できる特性があり、自動車の自動運転技術や遠隔での機械操作、超高画質の映像配信サービスなどへの応用が期待される。日本では2020(平成32)年に実用化される見通しだ。

 ドコモのオープンラボは、メーカーなどが5G対応の製品開発に活用できる実験施設で、4月に東京で1カ所目が開設されている。施設の利用が可能になる「パートナープログラム」にはすでに1700企業・団体が参加している。

 NTTドコモの高原幸一関西支社長は「5Gを使い、企業の競争力強化につなげてほしい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ