PR

産経WEST 産経WEST

臨時職員が818万円着服 滋賀・草津の中学

Messenger

 滋賀県教育委員会は14日、勤務先の中学で修学旅行などの積立金口座から計約818万円を着服したとして、草津市立中の臨時の女性職員(48)を懲戒免職処分にした。当時の男性校長(56)も戒告処分とした。

 県教委によると、女性職員は平成26年3月~今年3月、払戻請求書に無断で校長印を押すなどして、勤務していた中学の修学旅行や同窓会の積立金口座から、約40回にわたり計約818万円を着服した。

 女性職員は今年4月から別の中学で勤務。後任の職員が、口座について引き継ぎがないことや通帳がないことを不審に思い発覚した。

 女性職員は着服を認め、子どもの学費や生活費に使ったと話しているという。既に全額弁済した。草津市教委は6月、業務上横領容疑で県警に告訴している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ