産経WEST

JR脱線事故の現場に慰霊施設「祈りの杜」完成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR脱線事故の現場に慰霊施設「祈りの杜」完成

マンションそばにある広場で工事が進む映像=平成28年3月(上田弘志さん撮影) マンションそばにある広場で工事が進む映像=平成28年3月(上田弘志さん撮影)

 長男の大前貴隆さん=当時(36)=を亡くした兵庫県伊丹市の大前清人さん(76)は「慰霊碑ができて、一つ荷物が片付いたように感じる。一般の人にもお参りしてもらい、悲惨な事故を語り継いでもらいたい」と話した。

 JR西幹部らも献花に訪れ、来島(きじま)達夫社長は報道陣に「改めて事故の悲惨さを痛感する。亡くなった方への慰霊とともに、安全について考え、実行するための場所としたい」と述べた。JR西は20日まで遺族らを順次施設に案内、21日から一般公開し、午前8時から午後8時まで誰でもお参りできる。来年4月の慰霊式は現場で行うことを検討している。

このニュースの写真

  • JR脱線事故の現場に慰霊施設「祈りの杜」完成
  • JR脱線事故の現場に慰霊施設「祈りの杜」完成
  • JR脱線事故の現場に慰霊施設「祈りの杜」完成

「産経WEST」のランキング