産経WEST

京都・宇治の「源氏物語ミュージアム」がリニューアル 「垣間見」疑似体験ボックス新たに導入

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都・宇治の「源氏物語ミュージアム」がリニューアル 「垣間見」疑似体験ボックス新たに導入

画面と同じポーズを決めると次の場面に進む「動く源氏物語」=京都府宇治市 画面と同じポーズを決めると次の場面に進む「動く源氏物語」=京都府宇治市

 京都府宇治市の源氏物語ミュージアムが14日、リニューアルを終えて再オープンする。館内が13日、報道関係者に公開された。展示解説装置や源氏物語で描かれる「垣間見」の疑似体験ボックスが新たに導入されるなど、源氏物語の内容や流れなどを理解しやすい展示に生まれ変わった。

 作中に宇治が舞台の話がある源氏物語の世界観や平安貴族の暮らしぶりなどを学べる施設として平成10年にオープン。開館20周年を迎え、7月17日から休館して展示内容の変更作業を続けてきた。

 総事業費は約9千万円。「観光」と「生涯学習」をコンセプトに来館者の想像力を刺激し、学習意欲を高められるよう工夫をこらしたという。

 タッチパネル式の展示解説装置が2台導入されたほか、物語の中で男性が女性の部屋を見る場面で描かれる「垣間見」が疑似体験できるボックスも3台設置された。薄暗い中で御簾(みす)の向こうにいる女性の顔がうっすらと見える様子を再現している。

 また、源氏物語のあらすじを分かりやすく解説した巨大パネルが登場。両サイドには楽しみながら物語を学んでもらう体験型モニター「動く源氏物語」が設置されており、来館者がモニターの前で画面と同じポーズを決めると、次の画面に移るという仕組みだ。

 喫茶スペースの一角にも文学や歴史、地域に興味を持ってもらえる無料体験ゾーンを整備した。

 14日にはリニューアルを記念した特別企画展「宇治の名所と旅する光氏(みつうじ)」が始まる。11月18日まで。

 午前9時~午後5時。月曜休館。入館料は高校生以上500円、小中学生250円。問い合わせは同館(電)0774・39・9300。

「産経WEST」のランキング