産経WEST

関空第1ターミナル「再開」喜ぶ利用者ら「TVで見てどうなるかと思ったが…」 南側エリアに活気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関空第1ターミナル「再開」喜ぶ利用者ら「TVで見てどうなるかと思ったが…」 南側エリアに活気

関西空港第1ターミナルビルの運用が一部再開し、国際線の搭乗手続きに並ぶ人たち=14日午前 関西空港第1ターミナルビルの運用が一部再開し、国際線の搭乗手続きに並ぶ人たち=14日午前

 14日に南側エリアの運用が再開した関西国際空港の第1ターミナル。早朝から大勢の旅行客らが詰めかけ、10日ぶりの再開を喜んだ。ただ、北側エリアも含めた全面再開は21日になる見通しで、依然としてシャッターを下ろしたままの飲食店などの店舗も目立った。

 この日第1ターミナルでは、午前7時発の全日空羽田行きの便を皮切りに、国内線・国際線の飛行機が次々と離着陸。南側エリアの搭乗手続きのカウンターには、大きなスーツケースを手にした旅行客らが並んだ。

 沖縄県内の実家に帰省するため那覇行きの便に乗る大阪市北区の主婦、新垣みつさん(69)は「使い慣れた第1ターミナルがやっぱり利用しやすい。フライトがあるのかどうか、どきどきしたけど無事飛べるようでよかった」と笑顔。

 台北行きの便に乗る大阪市平野区の会社員、岩橋賢司さん(41)は前日まで他の空港に振り替えることを検討していたといい、「テレビで停電した空港を見たときはどうなるかと思ったけど、こうして再開して明かりがつき、人もたくさんいると安心感がありますね」と話した。

 一方、空港で韓国人の入国審査のコンシェルジュを行っている金(キム)美愛さん(56)は、空港閉鎖以降この日が初出勤で、「大阪に来るのを楽しみにしている外国人が多いので、こうして再開できてすごくうれしい」と喜んだ。

 浸水による電源設備の故障で停電が続いていたため、5日以降シャッターを下ろしていた飲食店や雑貨店なども、一部の店舗はこの日から営業を再開した。

 3階にある「ザ・ダイソー関西エアポート店」は、運航便に合わせて午前7時から営業を再開。従業員は早朝から、商品として扱えなくなった飲料水などの商品を在庫と入れ替える作業に追われたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 関空第1ターミナル「再開」喜ぶ利用者ら「TVで見てどうなるかと思ったが…」 南側エリアに活気

「産経WEST」のランキング