PR

産経WEST 産経WEST

建設ラッシュの京都の至る所に「仮囲い」…景観との調和難しい中、〝秘策〟あり

Messenger

 都市計画に詳しい関西学院大学の角野幸博教授は「殺風景な状況をなくそうと、仮囲いに絵画をデザインするなどアート化を図る事例は各地で見られる。南座のケースはその発展形であり、良い情報発信にもなっている」と評価しつつ、京都市の対応については「現状では仮囲いへの配慮が施主頼みになっている。行政の方で対策を取るのは難しいのでは」とみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ