PR

産経WEST 産経WEST

奈良・葛城市の入札漏洩事件、LINEで資料画像送信か

Messenger

 奈良県葛城市発注の道路改良工事の入札情報漏えい事件で、官製談合防止法違反の疑いで逮捕された同市建設課課長補佐、福井敏秀容疑者(49)が、公競売入札妨害の疑いで再逮捕された建設会社「栄和建設」の元役員茅野泰幸容疑者(48)に、無料通話アプリLINE(ライン)で入札資料の画像を送っていたとみられることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 両容疑者は平成27年4月ごろから面識があったとみられ、県警が漏えいの詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、「道の駅かつらぎ」建設工事の官製談合事件を巡り、県警が会社を家宅捜索した際、印刷された画像が見つかったという。

 福井容疑者は、29年度に市が発注した工事の入札で、茅野容疑者に入札公告前の内容や採点状況などを3回にわたり漏えいし、栄和建設が落札して公正な入札を妨害した疑いで逮捕された。茅野容疑者は公競売入札妨害罪に問われ公判中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ