PR

産経WEST 産経WEST

【パインアメ 長く愛して(5)】パイン味の「噛むブレスケア」も登場 広がるコラボ商品 パイン社長、上田豊さん

パインアメを手にする上田豊さん。これからも人々を笑顔にする商品を世に送り出したいと話す(永田直也撮影)
Messenger

 異業種を含めたさまざまな起業とタッグを組んだパインアメのコラボ商品が話題だ。これまで実現したのは36種類に上り、パイン社長の上田豊さん(68)によると、これからも続くという。(聞き手・藤谷茂樹)

 --さまざまな企業と共同開発するパインアメのコラボ商品が人気です。どんなきっかけで始まったのでしょうか

 上田 コラボ商品は食品に限らず、手ぬぐいやスマートフォンケースなどにも広がっています。これから3つ、4つと続きますが、詳しい内容はまだ秘密です。第1弾となった「パインアメパン」は、神戸屋からお話をいただきました。コラボ商品はわれわれが追い求めているというより、頑張って活動しているなかで、それを目に留めていただいた方から声をかけてもらい、ポンっと生まれることが多いです。

 --期間限定も含め実現したのは36種類に及びます

 上田 棒状に凍らせて食べるシャーベットは売り場で非常に目立っていますし、「あべのハルカス」の展望台で販売されるソフトクリームも注目されました。小林製薬との「噛むブレスケア」パインアメ味は、きっかけは広告代理店経由でしたが、パインで研究職に就く女性社員の夫が小林製薬で営業の仕事をしているという縁もあり、とんとん拍子に進みました。一度、コラボした企業から、コラボしたいという別の企業を紹介していただいたこともあり、ご縁が次のご縁を呼ぶようにつながり、ラインアップが広がっています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ