PR

産経WEST 産経WEST

【高見国生の認知症だより(38)】スマホをめぐる困りごと 母が頻繁に電話かけてくる理由

Messenger

 B子さん(77)は友人とメールを交換しているのですが、その友人から、「意味不明のメールが来るようになった」と娘さんに連絡がありました。認知症が進んだのかもしれません。この場合は、娘さんから友人に事情を話して理解してもらうようにします。

 いずれも、認知症の本人に合わせて周りの者が対応を変える一つの方法です。

 高見国生(たかみ・くにお) 昭和18年生まれ。京都府職員だった28歳のころ養母の認知症が始まり、昭和55年に京都市で「呆け老人をかかえる家族の会」(現・認知症の人と家族の会)を設立。昨年6月に代表理事を退任、現在は顧問。同会は47都道府県に支部があり、1万1千人の会員がいる。

◇   ◇

 「認知症の人と家族の会」への電話相談は、平日午前10時~午後3時、フリーダイヤル0120・294・456。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ