産経WEST

【プロ野球】広島4-0DeNA/快勝でM6 5番松山が先制ソロ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
広島4-0DeNA/快勝でM6 5番松山が先制ソロ

【広島-DeNA】二回、右越えに先制ソロを放つ広島の松山(加藤孝規撮影) 【広島-DeNA】二回、右越えに先制ソロを放つ広島の松山(加藤孝規撮影)

 広島が快勝で優勝へのマジックナンバーを6とした。二回に松山の12号ソロで先制し、三回に鈴木の29号2ランと田中の適時打で3点を加えた。野村が6回4安打無失点で7勝目。DeNAは6安打に抑え込まれて零敗を喫した。

 前夜に連敗を止めた広島が、優勝に向けて再びペースを上げた。この日は二回に5番松山が先制の12号ソロ。8月24日以来17試合ぶりの一発で勝利をもたらし「甘い球を積極的に打ちにいった。うまく当たってくれた」と分厚い胸を張った。

 1-0からDeNAの先発飯塚の真ん中に入ったカーブを振り抜く。打球は大きな弧を描いて右翼席に到達した。

 11年目だが、激しいチーム内競争にもまれている。昨季は終盤に4番に抜擢されると優勝に貢献。今季は左翼で開幕スタメン入りを果たしたが、途中から4年目の野間が台頭し、一塁でバティスタや新井らと定位置争いをしている。

 それでも調子の波なく打ち続け、初の規定打席到達と打率3割クリアも見えてきた。「自分は打って結果を出さないといけない立場」とたゆまずバットを振り続ける32歳が、リーグ3連覇へと突き進む広島のナインの空気を引き締めている。(上阪正人)

「産経WEST」のランキング