PR

産経WEST 産経WEST

葛城市職員ら逮捕 官製談合疑い 奈良県警 

Messenger

 奈良県葛城市に一昨年オープンした「道の駅かつらぎ」の建設工事をめぐり、入札に関する秘密事項を業者に漏らしたとして、奈良県警捜査2課などは13日、官製談合防止法違反の疑いで、同市建設課課長補佐、福井敏秀容疑者(49)=同市当麻=を逮捕した。また、入手した情報をもとに落札したとして、公契約関係競売入札妨害の疑いで、元建設会社役員、茅野泰幸被告(48)=同県大和高田市春日町、同罪で公判中=を再逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成29年8月下旬、道の駅周辺の道路改良工事の入札に絡み、福井容疑者が技術提案の内容が記載された入札公告前の資料を茅野容疑者に漏(ろう)洩(えい)。福井容疑者はさらに加点項目や評価基準を記した評価表なども漏洩し、公正な入札を妨害したとしている。

 同課によると、茅野容疑者は秘密事項を漏洩するよう、以前から知り合いだった福井容疑者に働きかけたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ