産経WEST

岐阜の豚コレラ、関係13養豚場は陰性 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


岐阜の豚コレラ、関係13養豚場は陰性 

 岐阜市の養豚場で豚コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は13日、同じ堆肥場や食肉処理場を使用するなどしていた県内の13養豚場の豚を遺伝子検査した結果、陰性だったと発表した。また、防疫措置の完了を受け、養豚場と堆肥場の近隣住民に対策の経緯などについて説明を行う。

 養豚場では3日に1頭が死に、市の獣医師が県に報告。9日、国の精密検査で感染を確認した。県は10日までに546頭を殺処分し、農林水産省が11日に防疫措置の完了を発表した。

 養豚場は3~7日に死んだ約80頭の一部をふんと混ぜ、市内の「JAぎふ堆肥センター」に搬入していた。

 8月下旬にも複数の豚が衰弱したり死んだりしており、県が熱射病と診断したが、再検査の結果、豚コレラに感染していた疑いがあるとしている。対応に問題がなかったか調べている。

「産経WEST」のランキング