PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】岸和田だんじり祭・ハトの放鳥中止…鳩舎倒壊、戻った50羽と再起誓う飼い主

Messenger

 今年も15日のパレードに向けて準備をしていたが、4日に近畿地方に上陸した台風21号の強風でハト小屋が倒壊。中にいた多くのハトは逃げ、倒れた巣箱の下敷きになって死んだハトもいた。「なんで台風が来る前に別の場所へ避難させへんかったんやろ」と自分を責めたという。

 しかし、被災数日後から逃げたハトたちが次第に戻ってきた。最初は数羽だけだったが少しずつ数は増え、現在、修理した小屋にいるハトは約50羽。それでも祭りで飛ばしていたハトの半分にみたず、放鳥は中止にした。

 ただ、西野さんはハトを飛ばすことをあきらめたわけではない。西野さんは祭り以外にも、地元の幼稚園や小学校などの卒業式でハトを飛ばしており、地元の子供たちからは「ハトのおっちゃん」と親しまれている。

 遠くへ飛んだハトが小屋に戻ってくるように、岸和田を巣立った子供たちにもいつかふるさとに戻ってきてほしい-。ハトには、そんな願いも込められている。西野さんは「今はつらいけれど、子供たちのためにも、これからもハトを飛ばし続けたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ