PR

産経WEST 産経WEST

「古いお札」焼却作業中「何かが爆発した」…伏見稲荷で男性職員やけど

Messenger

 13日午前10時15分ごろ、京都市伏見区の伏見稲荷大社の職員から「何かが爆発した」と119番があった。市消防局によると、50代の男性職員が焼却作業中に顔面にやけどを負い、救急搬送された。命に別条はない。

 伏見署などによると、ガスボンベのようなものが爆発した可能性もあるという。職員は参道脇にある焼却炉で、古いお札を燃やしていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ