PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】長引く停電で謝罪、関電和歌山支社長 1000人態勢で復旧活動

Messenger

 関西電力和歌山支社の近藤忠司支社長は12日、和歌山市の和歌山県庁で記者会見し、台風21号の影響で長引く停電について「県民の生活や産業に多大なる迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪した。

 同支社によると、停電は紀美野町や有田川町など山間部に集中しており、県内では同日午後6時現在で約2千戸が停電。約千人態勢で復旧活動にあたっているという。

 停電が続いている原因としては、強風による電柱の倒壊や高圧電線の切断など設備被害のほか、被害が大阪や京都など広範囲に及んだことから復旧活動にあたる人員不足などがあるという。

 同支社は1台あたり約200世帯分の電力を供給できるという高圧発電機車を田辺市に4台配置。紀美野町と有田川町にも同日、各1台配置した。また、停電世帯にポータブル発電機を直接訪問して提供する対応もとる。

 問い合わせは送配電ダイヤル((電)0800・777・3081)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ