PR

産経WEST 産経WEST

「兵庫県立人と自然の博物館」の標本から新種発見も、すでに絶滅か…「菌従属栄養植物」 神戸大の研究グループ

Messenger

 神戸大大学院理学研究科の末次健司特命講師らの研究グループが、兵庫県立人と自然の博物館(兵庫県三田市)に保管されていた標本の中に、光合成をせずに根で土中の菌などから栄養を取り込み成長する「菌従属栄養植物」の新種があることを発見し、13日発行の国際学術誌「Phytotaxa(ファイトタクサ)」で発表する。新種は「コウベタヌキノショクダイ」と命名されたが、すでに絶滅している可能性が高いという。

平成4年に発見された当時の「コウベタヌキノショクダイ」(中西收さん提供)
平成4年に発見された当時の「コウベタヌキノショクダイ」(中西收さん提供)

 同館によると、コウベタヌキノショクダイは平成4年に神戸市西区の森林で菌従属栄養植物の調査をしていた植物研究家の中西收(おさむ)さんらが発見。全長約1センチで1個体だけしか発見されず、当時は同じ菌従属栄養植物の「ヒナノボンボリ」だと考えられていた。

 昨年末に同館を訪れた末次特命講師が標本を解剖して調査したところ、おしべの数からタヌキノショクダイの仲間であることが判明。花びらなどの形や色がこれまで発見されたものと異なる特徴を持っていることから新種と認定した。

 しかし、コウベタヌキノショクダイは4年以降新たに発見されておらず、同区の森林が11年に産業団地の開発によりなくなっていることから、絶滅した可能性が高いと考えられている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ