産経WEST

【関西の議論】延期したのに都構想・住民投票に黄信号 維新、公明に不信感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
延期したのに都構想・住民投票に黄信号 維新、公明に不信感

 一方、公明市議団の幹部は「議論を遅らせるような資料しか出してこない府市側のほうが問題だ」と話し、議論はまだ時間を要するという見方を示している。

 8月24日の法定協の後、2度目の住民投票に向けた思いを報道陣に問われた松井氏は、「われわれ(維新)にとっては背骨の部分。公明さんには理解して頂いていると思うが頭から踏みつけられるならば、折られないようにしないといけない」と含みを持たせた。

 前回の住民投票をめぐっては、維新は公明の協力を引き出すため、橋下徹代表(当時)が次期衆院選で公明現職がいる選挙区へ“刺客”として出馬する可能性に言及。揺さぶりをかけ、住民投票実施に合意をとりつけた経緯がある。

 松井氏の今回の発言はそうした対抗策の備えをちらつかせたとも言え、年末に向けて、2度目の住民投票をめぐる駆け引きが活発になっていきそうだ。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング