PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】阪神・大山が2戦連発3ラン 主軸の活躍で快勝

4回、阪神の大山悠輔が本塁打を放つ=甲子園球場(村本聡撮影)
Messenger

 阪神は12日、甲子園球場で行われた中日戦で、クリーンアップが、チームを勢いづける快勝をもたらした。岩貞は7回2失点で7勝目。中日は小熊が乱れ、九回の反撃も届かなかった。

 阪神打線に火を付けたのは、4番に座る糸井。2点ビハインドの一回2死二塁から2点本塁打をたたき込んで同点に追い付いた。三回は2死一、二塁で、5番の陽川が適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

 試合を決定づけたのは、3番を任された大山だ。4-2の四回1死一、二塁のチャンスで、高めに入ったスライダーを強振。3ランを左翼席に打ち込んだ。豪快な一撃で甲子園を沸き立たせた大山は「きょうはチームが勝ったことがすべて」と誇った。

 最下位の中日とのカード。前日は九回2死から逆転負けを喫したが、ずるずるとショックを引きずらない。終盤戦の盛り返しに向けて大きな意味を持つ勝利となった。

 大山は前日に2本の本塁打を放った活躍を買われて、6番から3番に昇格した。重心を残してスイングができていることも好調の理由の一つだ。首脳陣の期待に応え、「すごくいい状態なので、もっと打てるよう頑張る」と意気込む。

 本来の破壊力を取り戻しつつあるチーム打線。金本監督は「失敗を恐れず、持っているもの全部を出してほしい」と期待を寄せた。(吉原知也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ