産経WEST

単独室の60代受刑者を書類送検 腹立て、窓ガラスを割る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


単独室の60代受刑者を書類送検 腹立て、窓ガラスを割る

 富山刑務所(富山市)は12日、単独室の窓ガラスを割ったとして、器物損壊容疑で、60代の男性受刑者を書類送検した。

 書類送検容疑は4月20日午後7時半ごろ、単独室に備え付けの机で窓ガラス8枚を損壊した疑い。同刑務所によると、男性受刑者は、隣室の受刑者が壁をたたいていたことや、その際の職員の対応に腹を立てたという。

 望月英也所長は「施設内の規律の維持を図りながら、適正な施設運営に努める」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング