産経WEST

【虎のソナタ】危険球、ボーク、拙守・拙攻の後、大山勝ち越し弾 必勝パターンのはずが…最後まで荒れた甲子園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
危険球、ボーク、拙守・拙攻の後、大山勝ち越し弾 必勝パターンのはずが…最後まで荒れた甲子園

9回、中日・アルモンテに適時打を浴びたドリス =甲子園球場(村本聡撮影) 9回、中日・アルモンテに適時打を浴びたドリス =甲子園球場(村本聡撮影)

 イワシの頭も信心から…というけれど「ゴリラの頭もアテになる…」。

 あのね、別に赤ちょうちんで酒のアテを選んでいるんじゃないんだ。つまりです。この日の当番デスク野下俊晴はわが社ではかなりマトモな思考回路をもったヤツなんです。そやつが出社してくるなり、おもむろにこう言うじゃないですか。

 「僕は最近、サッパリなので、今日は編集総括の運動部長の“勝ち運”をアテにして頑張りマスわ…ヨロシクッ…」

 暦の上では二百十日です。最近じゃ日本列島はドガチャガで、ほとんど毎日が乱脈な二百十日の大バーゲン。そこにゴリラの勝ち運なんかをあてこんでは多分ロクなことはない…と思った。それで編集総括席をみると…わがゴリラ部長稲見誠がまじめくさって座って「確かに…僕はまぁまぁの勝率なんですョ。しかし…」。

 くそ真面目なゴリラ稲見だって、遠く離れた甲子園の虎の勝敗を大阪・難波の編集局でコントロールできるわけもない。

 新聞社ってトコはいつもこんな会話をしているわけじゃないのです。本当はもっと複雑怪奇? な話をカンカンがくがくやっているんですが、最近はもう恐山から祈祷(きとう)師でもきていただかないという空気も漂ってきてマスヮ。

 そんなこんなで試合前は2軍戦の藤浪晋太郎投手を取材したトラ番箭内桃子記者に恐る恐る「藤浪リポート」を聞くと「それが…まぁまぁの内容でしたヮ」とのこと。それについては箭内の記事をお読みください。

 そしてプレーボール。トラ番新里公章の電話では、阪神2軍のキャンプ地の高知県安芸市の横山幾夫市長が激励に訪れたそうだ。同市の観光大使を務める掛布雅之オーナー付SEAとも歓談されていたそうだが、市長もまた居ても立ってもいられない心境なのかもしれない。

続きを読む

「産経WEST」のランキング