PR

産経WEST 産経WEST

任侠山口組トップ銃撃1年 実行犯の足取りつかめず 兵庫県警、上層部関与も捜査

Messenger

 捜査関係者によると、この1年で県警に寄せられた菱川容疑者に関する具体的な目撃情報は30件ほど。県警は今年3月、犯行直後に菱川容疑者を車に乗せて逃走を手助けしたとして、犯人隠避容疑で交際相手の女を逮捕したが、以降の足取りは途絶えたままだ。

 県警は、織田代表の銃撃を対立する神戸山口組による組織的な犯行とみて、上層部の関与について捜査を進めている。ただ、神戸側は菱川容疑者について「(犯行の)数カ月前から音信不通になった」などと説明。県警は神戸側が無関係を装うため、菱川容疑者を事前に偽装離脱させた可能性があるとみているが、捜査関係者は「実行犯を逮捕しないまま、神戸側の上層部の刑事責任を追及することは困難だ」と語る。

 事件から1年を前に、県警は現場の付近の住民から当時の状況について再び事情を聴くなどし、菱川容疑者以外の実行犯についても洗い出しを進めている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ