産経WEST

【石野伸子の読み直し浪花女】小松左京・不滅のSF魂(1)トランプ大統領誕生40年前に「予言」 復活の日、さよならジュピター…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【石野伸子の読み直し浪花女】
小松左京・不滅のSF魂(1)トランプ大統領誕生40年前に「予言」 復活の日、さよならジュピター…

旺盛な好奇心で多彩な活動を展開した小松左京 旺盛な好奇心で多彩な活動を展開した小松左京

 ある日突然東京を分厚い雲が多い、首都機能がマヒしてしまう「首都消失」、南極大陸にまで追い込まれた人類の再生を見つめる「復活の日」。巨大な危機をしかけ、社会がどうなるかを詳細に描いてみせる小松のシミュレーション小説。

 仕掛けた網の最大で最強のものが代表作「日本沈没」だったといえるだろうか。   =小松左京・不滅のSF魂(2)に続く

▼そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む 

石野伸子 石野伸子 産経新聞特別記者兼編集委員。生活面記者として長らく大阪の衣食住を取材。生活実感にもとづき自分の足と感性で発見したホンネコラムをつづるのを信条としている。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング