PR

産経WEST 産経WEST

物資補給機こうのとり、14日打ち上げ 回収カプセルを初搭載

無人補給機「こうのとり」7号機=7月28日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター(JAXA提供)
Messenger

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、物資補給機「こうのとり」7号機を搭載したH2Bロケット7号機を14日午前6時20分ごろ、種子島宇宙センター(鹿児島県)で打ち上げると発表した。当初は11日の予定だったが、ロケットの飛行を追跡する地上局があるグアムの悪天候が予想され延期していた。

 こうのとりは国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ補給機で、今回は宇宙実験で作成した試料を地上に回収するための小型カプセルを初搭載。日本独自のISSからの物資回収に挑む。

 平成28年12月に打ち上げた6号機に続き、ISSの主電源として使用する日本製リチウムイオン電池のバッテリー6個も搭載する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ