産経WEST

【宝塚歌劇団】「うれしさと不安、責任」 月組新人公演主人公演じた男役スター、暁千星

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
「うれしさと不安、責任」 月組新人公演主人公演じた男役スター、暁千星

宝塚歌劇団月組の新人公演「エリザベート」で主人公のトートを演じた暁千星(右)と相手役の美園さくら 宝塚歌劇団月組の新人公演「エリザベート」で主人公のトートを演じた暁千星(右)と相手役の美園さくら

 宝塚歌劇団月組公演「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」の新人公演が11日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。入団7年目までのメンバーで上演される、1日限りの公演。入団7年目で今作が最後の新人公演となる人気男役スター、暁千星(あかつき・ちせい)が主人公の黄泉(よみ)の帝王トートを熱演した。本公演でも主要な役柄を担う期待のスターをはじめとするメンバーが、レベルの高い舞台を見せた。

名作「エリザベート-愛と死の輪舞-」

 暁にとっては2年ぶり4度目の新人公演主演作は、宝塚の名作の1つ「エリザベート」。繊細な芝居、声量たっぷりで高音域が光る歌唱、172センチの長身から繰り出すパワフルなダンスと、すべてが圧巻。美しく激しい“自分のトート”を演じきった。

 カーテンコールで暁は「うれしさと不安、責任を感じていました。実体のない役で、死としての心の動きに苦労しましたが、イメージは人それぞれ。私自身の思う死を演じようと思っていました」とあいさつ。「東京の新人公演に向け、一同、精進します」としめ、観客の拍手を浴びた。

 終演後の囲み取材では、「今日は終始、緊張していました。今は終わってホッとしています」と安堵(あんど)の笑みを見せた暁。3拍子そろったパワフルな質の高い舞台を見せたが、本人は「全然できなかった」と自分に厳しい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「うれしさと不安、責任」 月組新人公演主人公演じた男役スター、暁千星

「産経WEST」のランキング