PR

産経WEST 産経WEST

【和歌山正論】「サイバー攻撃には多層防御で対処を」米田壯・元警察庁長官 

「サイバー戦争-日本の生き残り策はあるか?-」と題して講演する米田氏=和歌山市
Messenger

 和歌山「正論」懇話会の第93回講演会が11日、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれ、元警察庁長官の米田壯(つよし)氏が「サイバー戦争-日本の生き残り策はあるか?」と題して講演した。

 米田氏は、サイバー攻撃をめぐる国際情勢について「多くの国はサイバー戦争のための専門部隊を持ち、2013年には英国がサイバー攻撃を受けたら反撃を辞さないという宣言を行った」と紹介。「サイバー戦争に関して世界はきな臭い状況にある」と指摘した。

 日本へのサイバー攻撃を防ぐ方法について「国の安全保障などに使う電子機器は純国産品が理想だが、部品が日本製とはかぎらない」と述べ、「サイバー防御の基本的な方針としてシステム全体が破られないような多層防御で対処するしかない。それが今の時代の戦略だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ