産経WEST

【鬼筆のスポ魂】またぞろ「CS」への疑問 セは現時点で2位以下全チームが借金、これでいいのか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
またぞろ「CS」への疑問 セは現時点で2位以下全チームが借金、これでいいのか

昨季セ・リーグ3位から日本シリーズに出場したDeNA 昨季セ・リーグ3位から日本シリーズに出場したDeNA

 プロ野球クライマックスシリーズ(CS)の規定を見直さなければならないときがきた。終盤戦を迎えた今季のペナントレースで見たことがない現象が起きている。セ・リーグは広島の優勝マジックが「9」(72勝49敗2分け)となった9日時点で2位以下のチームが全て勝率5割を割った。もし、このまま2位以下が貯金を一つもつくれず、CSに進出するとなると2007年に導入されて以来初めてのケースとなる。

 制度が導入されて以降、球界内ではさまざまな意見が交わされてきた。「140試合以上戦うレギュラーシーズンの成績がないがしろにされる」「いや、首位チームが独走状態になってもCS争いに興味が移り、消化試合が減るので面白い」などなど…。

▼【鬼筆のスポ魂】「入」の字が「人」の字に変わり、まるで別人に…中日・平田を育てた名伯楽の至言

 こうしたさまざまな意見の中で、批判的な声が規定の見直しにまで至らなかった理由は、最終結果がある程度の許容範囲だったからではないか。制度導入以降、11年間でCSに進出した66チームの中でシーズンで負け越して出てきたのは4球団だけだ。09年のヤクルト(71勝72敗1分け)、13年の広島(69勝72敗3分け)、15年の阪神(70勝71敗2分け)、16年のDeNA(69勝71敗3分け)。いずれも3位で出場し、CSで敗退。日本シリーズ出場権は得ていない。

続きを読む

「産経WEST」のランキング