PR

産経WEST 産経WEST

【大阪府警パワハラ】「父のような警察官に」夢砕かれた息子、母の苦悩今も

大阪府警四條畷署=大阪府大東市深野
Messenger

 あこがれの刑事になって半年足らず。上司らから陰湿ないじめを受け、「耐えられない」と書き残した警察官の死は公務災害と認定された。大阪府警四條畷署の男性巡査部長=当時(28)=が平成25年9月に自殺した問題。母親(59)は当初、その理由がまったく分からなかった。突然の別れから11日でちょうど5年。息子の苦悩に気づけなかった自分を、今も責め続けているという。

 玄関ドアのすぐ先に、巡査部長の最期の姿があった。最初に見つけたのは母親だった。「出勤してこない」と連絡を受け、官舎に駆けつけた。

 「何で、あかんやん。何してんの!」。母として、息子を叱るような言葉を発したのは覚えている。後の記憶はぐちゃぐちゃだ。

 それが5年前の9月11日。巡査部長の妻のおなかには当時、2人目の娘がいた。診察のため、その前日に病院に近い実家に戻っていた。長女もまだ1歳。遺書には「幸せやったで」と、家族への感謝がつづられていた。

 だれも理由が分からなかった。巡査部長の父親(59)は息子の妻の両親に不明を恥じ、土下座して謝罪した。手がかりになりそうな遺書の言葉はわずかに2つ。「つらかった。耐えられない」

 身長182センチ、体重90キロ超。体格に恵まれ、高校から始めた柔道でも、めきめきと頭角を現した。プロレスラーにもあこがれていたというが、父親と同じ大阪府警の警察官として生きる道を選んだ。自身の結婚式では「父のようになりたい」とスピーチした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ