産経WEST

北朝鮮向けラジオ「ふるさとの風」「しおかぜ」神戸で15日に公開収録 歌手のBOROさんが拉致被害者励ます新曲披露

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


北朝鮮向けラジオ「ふるさとの風」「しおかぜ」神戸で15日に公開収録 歌手のBOROさんが拉致被害者励ます新曲披露

 北朝鮮による日本人拉致問題に取り組む特定失踪者問題調査会などは、15日に兵庫県民会館(神戸市中央区)で北朝鮮に向け発信するラジオ番組「ふるさとの風」と「しおかぜ」の共同公開収録を実施する。県内の拉致被害者家族や問題に関心を持つ歌手らが参加し、来場者とともに拉致被害者へ向けた応援メッセージを収録する。

 共同公開収録は、拉致問題に関心を持ってもらおうと、同会と政府の拉致問題対策本部事務局が平成27年から東京や大阪などで実施している。県内での収録は初めて。

 収録では、神戸市出身の拉致被害者、有本恵子さん(58)=拉致当時(23)=の父、明弘さん(90)が恵子さんに向けたメッセージを読み上げるほか、伊丹市出身でヒット曲「大阪で生まれた女」で知られる歌手、BOROさん(64)が拉致被害者を励まそうと書き上げた新曲「春夏秋冬抱きしめて」を披露する。来場者が拉致被害者へのメッセージを録音できる特設ブースも設置される。

 収録は午後2時~4時。参加無料。問い合わせは同会(03・5684・5058)。

「産経WEST」のランキング