産経WEST

休日に公用車乗り回す 5年間56回、不正走行距離4600キロ 奈良・宇陀市課長を停職1カ月

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


休日に公用車乗り回す 5年間56回、不正走行距離4600キロ 奈良・宇陀市課長を停職1カ月

 奈良県宇陀市は10日、保険年金課の男性課長(58)が平成25年4月~今年5月の約5年間に計56回、休日などに公用車を私的に利用したとして、同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、課長は休日に市役所駐車場から奈良市や橿原市などに出かけていたほか、出張帰りに買い物やドライブ、パチンコなどを目的に寄り道を繰り返していたという。休日の使用頻度が高いことに上司が気づき、発覚した。

 不正に走行した距離は約4600キロで、この分のガソリン代約3万3千円はすでに弁償済み。

 高見省次市長は「市民のみなさんに深くおわびします。全職員が服務規律を徹底し、信頼回復に努めていきたい」としている。

「産経WEST」のランキング