PR

産経WEST 産経WEST

【WOMEN】「花は人生」 業界切り拓く フラワーアーティスト、石橋恵三子さん

明るい髪色と金のピアスが定番の石橋恵三子さん。「おしゃれは楽しまなきゃもったいない」と話す(産業編集センター提供)
Messenger

 テレビ朝日の人気長寿番組「徹子の部屋」。司会の黒柳徹子さんが「第二のゲスト」と呼ぶスタジオの花を、第1回の放送から1万回以上も生け続けているのが、フラワーアーティストの石橋恵三子さん(77)だ。テレビの黎明(れいめい)期から、花だけでなく出演者が口にする食べ物など、業界用語でいう「消えもの」を担当。50年以上にわたり、さまざまな番組づくりを支えてきた。

「徹子の部屋」当初から支え 1万回超

 ゲストにお笑いコンビ「千原兄弟」を迎えた8月17日放送の「徹子の部屋」。弟の千原ジュニアさんが「(前回出演で)ゲストをイメージしていると聞いてから、楽しみで仕方ない」と、話題はスタジオの花に及んだ。

 このとき生けられていたのは鈴なりのホオズキとツルバラで、「兄弟愛をイメージしました」と石橋さん。「お盆の放送ですし、ホオズキは、お二人がお子さんへのプレゼントに持ち帰れるでしょ」。細やかな心配りが、石橋さんに寄せられる信頼の裏付けだ。

 番組の収録は毎週月・火曜日に計7本。フラワーアレンジメントの準備はゲストの情報収集から始まる。「キャラクターや近況からイメージを膨らませて、飾る花を決めます」。金曜日に生花市場でまとめて仕入れ、局内で保管。収録直前に生ける。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ