PR

産経WEST 産経WEST

山辺受刑者を再び不起訴 検審議決に熊本地検

Messenger

 熊本地検は10日までに、投資詐欺事件で実刑判決が確定し、別の詐欺容疑を巡り熊本検察審査会が不起訴不当と議決した山辺節子受刑者(63)を、再び不起訴とした。4日付。地検は処分理由を明らかにしていない。

 議決書によると、山辺受刑者は平成27年、知人女性を通じて男性に「投資すれば配当金を支払う」などと持ち掛け、計7440万円をだまし取ったとしていた。

 山辺受刑者は、12人から26~27年に計約1億7700万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、今年4月に熊本地裁で懲役7年の判決を受けたが、控訴しなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ