PR

産経WEST 産経WEST

石灯籠落下事故で歩行者男性死亡 路線バス運転手を在宅起訴 三重

Messenger

 三重県伊勢市の県道で4月、三重交通(津市)の路線バスが歩道の石灯籠に接触し、落下した上部の石が歩行者の男性に当たって死亡した事故で、津地検は10日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で、バスを運転していた同社の46歳の男性社員を在宅起訴した。

 起訴状などによると、4月14日、伊勢市楠部町で、バス停付近にいた同市の無職男性=当時(81)=を乗せるため停車する際、安全確認が不十分なまま運転。左のサイドミラーを石灯籠(高さ約2・5メートル)に衝突させ、落下した上部の石で男性に頭部外傷を負わせ、死亡させたとしている。

 県によると、落ちた石は重さが約100キロあった。事故を受け、県などは路上などにある石灯籠の撤去を決め、これまでに、伊勢市内にあった約500基の大半が撤去された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ