PR

産経WEST 産経WEST

三重県教委で障害者雇用不適切計上 手帳持たず算入

Messenger

 三重県教育委員会は10日、障害者手帳を持たない教職員を障害者雇用数に算入するなどしていたと発表した。平成30年度は35人、29年度は44人を不適切に計上したとしている。

 県教委によると、職員からの自己申告に基づき計上。過去の申告を基に既に退職した人を含めるなどしていた。病気療養中の人を、手帳の有無を確認しないまま算入したケースもあった。

 障害者雇用率は、2・50%としていた30年度が2・14%、2・41%としていた29年度は1・97%になり、いずれも法定雇用率を下回る。

 広田恵子教育長は「意図的な水増しではなく、手帳の確認が足りなかったり、事務的なミスが重なったりした」と釈明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ