PR

産経WEST 産経WEST

JR東海、リニア関連で大林組と契約 談合の起訴後2社目

Messenger

 JR東海は10日、リニア中央新幹線の「名城変電所」(名古屋市)の建設工事を大林組と契約したと発表した。リニア工事をめぐる談合事件で大林組や鹿島、大成建設、清水建設の大手ゼネコン4社は起訴された。起訴後に4社と契約するのは、6月の清水建設に続き2社目となる。

 JR東海は「(大林組は)低コストで、安全面や技術面も総合的に考慮して決めた」と説明している。工期は2022年9月10日まで4年間を見込む。変電所はリニアの沿線14カ所に設置する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ