産経WEST

プチ整形で障害、美容外科側争う姿勢 相談当日にしわ取り施術 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


プチ整形で障害、美容外科側争う姿勢 相談当日にしわ取り施術 大阪地裁

 顔のほうれい線や唇にゲル状の充填剤「アルカミド」を注入してしわを取るプチ整形「フィラー」施術で腫れなどの障害が残ったとして、大阪府内の女性(66)が医療法人「小国会あさひ美容外科」に約1460万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、大阪地裁(野田恵司裁判長)であり、法人側は争う姿勢を示した。

 訴状によると、女性は昨年6月、しわ取りのため、あさひ美容外科奈良院を受診。相談だけのつもりが、アルカミド注入を当日行えば他の施術もサービスするなどと勧誘され、施術を受けた。

 その後、鼻の痛みなどが続き、別の病院でアルカミドの一部除去手術を受けたが、現在も頬や唇などに炎症や腫れが残る。女性は「アルカミドの危険性の説明がなかった」と主張している。

 プチ整形はメスを使わない手軽さが売り。同じ施術を巡っては別の女性も3日、同法人に約9千万円の損害賠償を求め大阪地裁に提訴している。

「産経WEST」のランキング