PR

産経WEST 産経WEST

大阪・交野市長選、現職の黒田氏が再選 代理投票めぐりミスも

交野市長選で再選を決め万歳三唱をする黒田実氏=9日夜、大阪府交野市
Messenger

 任期満了に伴う大阪府交野市長選は9日、投開票され、現職の黒田実氏(49)=自民、立憲民主、国民民主、公明推薦=が、いずれも無所属新人の山本景氏(38)と坂野光雄氏(71)=共産推薦=を破り、再選を果たした。当日有権者数は6万4019人で、投票率は46・99%(前回45・60%)だった。

 黒田氏は同市星田北の事務所で、「子供たちが交野で元気に成長し、若い子育て世代がしっかりと働きながら、このまちに暮らしを根付かせる政策を進めたい」と2期目の抱負を語った。

 選挙戦では、新たな雇用の創出や、公共施設の統廃合の促進の重要性を強調。現役世代や高齢者が活躍できるまちづくりを進めることを訴えた。

     ◇

 交野市選挙管理委員会は9日、同日投票が行われた同市長選で、投票を済ませた男性が、再び投票するミスがあったと発表した。投票した投票用紙を特定できないため、いずれも投票数として認められるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ