PR

産経WEST 産経WEST

【岐阜豚コレラ】「耳なじみない伝染病」 県庁に衝撃、風評懸念も

 豚コレラのウイルス感染が確認された養豚場周辺で、畜産関係者の車両を消毒する岐阜県職員=9日、岐阜市(県提供)
Messenger

 岐阜市の養豚場で、国内では平成4年年以来となる豚コレラウイルスの感染が9日確認され、岐阜県や周辺住民に衝撃が走った。「耳なじみのない伝染病なので、不安に思う人は多いかもしれない」。県は拡大を防ぐため殺処分などの対応に追われた。風評被害を懸念する声も上がった。

 県は9日午前6時半ごろ、防疫対策本部会議の初会合を県庁で開催。古田肇知事は「作業を進める中で想定外の事態もあり得る。各部局が一致団結して作業を進めてほしい」と呼び掛けた。

 現場はJR岐阜駅から北東に約8キロの住宅と畑に挟まれた一角。豚約600頭の殺処分は同日午前8時半ごろに始まり、白い防護服に身を包んだ県職員らが慌ただしく出入りした。薬剤が飛散するのを防ぐために豚舎の周囲はブルーシートで覆われており、中の様子はうかがえなかった。

 ウイルスの感染経路は分かっていない。現場の半径10キロ圏内には岐阜市や各務原市に別の3カ所の養豚場があり、県は豚の移動や出荷を禁止した。周辺道路の駐車場などに消毒ポイントを設け、県職員が関係車両のタイヤに消毒液をスプレーで吹き掛けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ