PR

産経WEST 産経WEST

【ビジネスの裏側】元USJの森岡氏が沖縄パークに再挑戦 2020年代前半にハワイ超える

Messenger

 悲願達成へ再始動

 あれから3年。ユー・エス・ジェイを退社して、昨年に企業の再建を手伝うマーケティング会社「刀」を設立していた森岡氏は、今年8月22日、刀が沖縄企業のオリオンビール、ゆがふホールディングス、リウボウのほか、近鉄ホールディングスとともに、沖縄パーク開業に向けた準備会社「株式会社ジャパンエンターテイメント」を設立したと発表。悲願の沖縄パークへ向け始動した。新会社の代表には、現在は刀に在籍し、かつてユー・エス・ジェイで沖縄パーク開発のプロジェクトリーダーを務めた加藤健史氏が就いた。

 高い実行力に期待

 森岡氏はユー・エス・ジェイ入社当時、約750万人だったUSJの年間入場者数を6年連続で増加させ、2倍以上の約1500万人まで引き上げた実績を持つ。平成13年にUSJは映画のテーマパークとして開業。森岡氏が打ち出した日本生まれのアニメやゲームを多用したアトラクションには当初、マスコミや関係者から開業時の理念に反するなどといわれたが、そうした批判にも揺らぐことなく、地道に集客につなげていった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ