PR

産経WEST 産経WEST

【高見国生の認知症だより(36)】兄は月1回来てスマホでゲームするだけ…それでも喜ぶ母、解決は?

Messenger

 「あなたの気持ちを率直に伝えて、お兄さんの気持ちも聞く。その時にはお母さんにも同席してもらってください。あなたたちならきっと納得のいく良い解決の道が見えてくると思いますよ」

 さて、このアドバイス、あなたはどう思いますか?

     ◇

 【プロフィル】高見国生(たかみ・くにお) 昭和18年生まれ。京都府職員だった28歳のころ養母の認知症が始まり、昭和55年に京都市で「呆け老人をかかえる家族の会」(現・認知症の人と家族の会)を設立。昨年6月に代表理事を退任、現在は顧問。同会は47都道府県に支部があり、1万1千人の会員がいる。

     ◇   ◇

 「認知症の人と家族の会」への電話相談は、平日午前10時~午後3時、フリーダイヤル0120・294・456。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ