産経WEST

白血病の中学生がバスケBリーグ大阪に入団

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


白血病の中学生がバスケBリーグ大阪に入団

 バスケットボール男子Bリーグの大阪に入団し、根来主将(左)からユニホームを受け取る森川遥翔さん=9日、大阪市  バスケットボール男子Bリーグの大阪に入団し、根来主将(左)からユニホームを受け取る森川遥翔さん=9日、大阪市

 バスケットボール男子のBリーグ、大阪は9日、白血病で長期療養が必要な大阪府の中学1年、森川遥翔(はると)さん(13)の入団を発表した。来年3月まで練習への参加や試合でのサポートなどを行う。大阪市内で入団式に臨んだ森川さんは「体力を元に戻して、選手と1対1(の練習)ができるようにしたい」と抱負を語った。

 森川さんは小学生の頃からミニバスケットボールに取り組み、大阪の大ファン。背番号は99で「チームを一番後ろから支えて楽にしたい」との思いで希望したという。真新しいユニホームに袖を通し「もっと先のことかと思っていた。早めに着られた」と笑顔を見せた。

 今回の入団は、療養生活を送る子どもを支援するNPO法人「Being ALIVE Japan」やBリーグなどが協力して実現した。入団式の様子を見守った父、弘康さん(47)は「選手になりたいということも聞いていた。親としてもうれしい」と感慨深げな表情を浮かべていた。

「産経WEST」のランキング