産経WEST

特急列車がオーバーラン、通過駅と勘違い 大分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


特急列車がオーバーラン、通過駅と勘違い 大分

 8日午後7時10分ごろ、大分県由布市のJR久大線湯平駅で、別府発博多行きの特急ゆふ6号(5両編成)が約200メートル行き過ぎて停車した。運転士が通過駅と勘違いし、ブレーキの操作が遅れたという。

 JR九州によると、乗客約15人にけがはなかった。列車は引き返さず、次の停車駅の由布院駅に向かった。湯平駅で降車予定の乗客はいなかったという。

「産経WEST」のランキング