PR

産経WEST 産経WEST

【アジア大会】日本のお家芸に苦言

男子66キロ級決勝 韓国・安バウル(右)に一本負けした丸山城志郎=ジャカルタ(共同)
Messenger

 2年後の東京五輪の前哨戦として代表選手たちが臨んだジャカルタ・アジア大会は、メダル獲得が期待される主要競技で明暗が分かれた。柔道は「一線級」の選手が出場しなかったとはいえ、男子は7階級中5階級で金メダルを逃し、惨敗。レスリング女子も五輪を含めて初の優勝者なしに終わり、課題が浮き彫りになった。

 柔道は東京五輪新種目の混合団体戦で優勝を果たしたが、個人戦では、女子が7階級中6階級を制したのに対し、男子は期待を裏切る形になった。

 過去の世界大会で実績がある66キロ級の丸山城志郎(じょうしろう)(ミキハウス)は決勝で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリストの安(アン)バウル(韓国)に開始50秒で一本負け。リオ五輪王者で90キロ級のベイカー茉秋(ましゅう)(日本中央競馬会)も銅メダルに終わった。

 優勝は同五輪金メダルの73キロ級、大野将平(旭化成)、100キロ級の20歳、飯田健太郎のみで、全日本男子の井上康生(こうせい)監督は「課題の残る厳しい戦いだった」と硬い表情で総括した。

 他国のレベルが上がっており、韓国は3階級を制覇。ウズベキスタンなど中央アジア勢も1階級ずつ勝った。日本は今大会、20日開幕の世界選手権(バクー)に出場しない「2番手以下」の選手をアジア大会に送り込んだが、日本のトップクラスの選手の実力は拮抗(きっこう)しており、アジア勢は東京五輪でも手ごわいライバルになりそうだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ