PR

産経WEST 産経WEST

“湯快”な温泉地めざしてこ入れ 宿泊券など景品大幅増 和歌山・龍神温泉など

「龍神温泉元湯」の露天風呂=田辺市龍神村(同施設提供)
Messenger

 和歌山県の日高、日高川、みなべの3町に田辺市龍神村地区を加えた日高地方の温泉施設の振興を図る「ほのぼの日高“湯快”な温泉協議会」(事務局・日高川町)が、同協議会加盟の温泉施設を巡るスタンプラリーのてこ入れに乗り出した。これまで数年ごとに開催してきたが、知名度は低く、事務局職員も「担当するまで知らなかった」と話すほどで、チラシの配置先を拡大し、施設の宿泊券といった景品を増やすなどしてPRを強化している。

 日高地方の温泉は“日本三美人の湯”の1つ、龍神温泉にある「龍神温泉元湯」(田辺市龍神村龍神)など肌に良いナトリウム炭酸水素塩泉が多く、山や海を望む絶好なロケーションが魅力となっている。しかし、白浜温泉(白浜町)などに比べて知名度不足もあり、利用客は年々減少。同協議会に加盟する10施設の平成29年度の共通入浴券の売れ行きは21年度の3分の1で、30年度は過去最低ペースの売れ行きという。

 同協議会は利用客増加に向けて14年度から数年ごとに、応募用紙に各温泉設置のスタンプを押して回り、抽選で豪華景品が当たるスタンプラリーを開催してきたが、知名度不足が続き、開催のたびに応募者が減少。前回(26年度)は応募者の半数が当選するほどの“閑散”ぶりで、事務局職員も「正直に言えば担当するまで知らなかった」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ