PR

産経WEST 産経WEST

台風に酷暑…海水浴客4割減 神戸・須磨海水浴場

Messenger

 関西有数の人気ビーチ、須磨海水浴場(神戸市須磨区)の今夏の利用者数が前年比で約4割減少したことが7日、神戸市のまとめで分かった。台風20号の影響で約1週間早く終了したことに加え、「災害レベル」の酷暑で外出を控えた人が多かったことが原因とみられる。市の担当者は「ここまで減るとは思わなかった」と肩を落としている。

 市によると、今夏の利用者数は前年の約73万人を大きく下回る約45万3千人。少なくとも過去10年では最少といい、1日の最大利用者数も前年比1万5千人減の約4万人だった。市は警備を強化した「ファミリーエリア」を新設し、家族連れの呼び込みに意欲を見せていたが、利用者は伸びなかった。

 台風の影響で51日間の期間のうち約10日間が遊泳禁止となったことが背景にあるが、全体的に利用者は低調で、市の担当者は「あまりの暑さに遊びに出かける人が減ったのでは。人気が下がったわけではないと思いたい」と話す。

 一方、同市垂水区のアジュール舞子海水浴場は好調だった。海開きから約2週間の利用者は前年比約2割増。台風12号が直撃した7月末から徐々に人出は減ったが、2万2千人減の約22万3千人と持ちこたえた。担当者は「地元の人が短時間だけ利用する傾向があり、暑さをそれほど気にしなかったのかもしれない」と分析している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ