PR

産経WEST 産経WEST

刺殺容疑男、鑑定留置延長…名古屋の漫画喫茶事件

Messenger

 名古屋市中区の漫画喫茶で5月、男性客が刃物で襲われ死亡した事件で、名古屋地検は7日、殺人容疑で送検された無職、稲田府見洋容疑者(22)=本籍福島県=の刑事責任能力を調べるために実施している鑑定留置を10月9日まで延長するよう名古屋簡裁に申請し、認められたと明らかにした。

 稲田容疑者は5月17日夜、漫画喫茶で二つ隣のブースにいた面識のない会社員大竹智之さん(35)=愛知県尾張旭市=を突然襲い、果物ナイフで7~8分間、刺すなどして殺害した疑いが持たれている。

 名古屋地検は6月1日、稲田容疑者を鑑定留置。従来の期間は9月10日までだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ