PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】大阪の停電「最大96万戸」完全復旧至らず、長期化の見込み…電柱被害800本以上

Messenger

 台風21号による被害で大阪府内では最大約96万7千戸が停電した。電柱や電線被害が深刻で、台風通過から3日が過ぎた7日現在でも完全復旧に至っていない。交差点700カ所以上で信号が点灯しなくなる障害が発生。スーパーや医療機関が利用できなくなった。休校も相次ぎ、住民に大きな影響を及ぼした。

台風21号の影響で倒れた電柱=6日、大阪府泉南市
台風21号の影響で倒れた電柱=6日、大阪府泉南市

 関西電力によると、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府5県で800本以上の電柱が折れた。福井を除いた約5万1千戸で停電が長期化する見込み。

台風21号の影響で電柱が折れた大阪府田尻町で、復旧に当たる作業員=6日
台風21号の影響で電柱が折れた大阪府田尻町で、復旧に当たる作業員=6日

 大阪府泉南市新家では4日午後、何本もの電柱や道路標識が根元から折れ、道路が数百メートルにわたりふさがった。周辺一帯が停電し、飲食店やガソリンスタンドは軒並み休業。営業するコンビニに客が殺到し、食料品の棚が空になった。

 6日になっても住民は垂れ下がった電線を避け、自宅に出入りしていた。奥田美佐子さん(70)によると、4日午後1時半ごろ「地鳴りのような強風」が吹いた。窓から外を眺めていた夫が、電柱がゆっくりと倒れるのを目撃。自宅の塀や車にのしかかった。

 夫は持病があり電動ベッドを使っているが、停電で動かせなくなった。「夫を病院に連れて行きたかったが、電柱が妨げになり車を出すこともできなかった」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ