PR

産経WEST 産経WEST

テングザルは「甘味」に鈍感…ニホンザルは「人」と同等 京大解明

インドネシアの自然保護区で葉を食べるコロブス類のサル(京都大提供)
Messenger

 葉や熟していない果物を主食とするコロブスという種類のサルは、甘味に対する感覚が鈍いことが分かったと、京都大の今井啓雄教授(分子生物学)のチームが7日、発表した。成果は国際科学誌電子版に掲載された。

 コロブス類にはテングザルやキンシコウ、ジャワルトンなどがいる。

 これまでの研究で、苦味にも鈍感なことが判明しており、味覚があまり機能しないように進化した可能性があるという。

 チームによると、コロブス類は主に樹上で生活するが、甘く熟した果物をほとんど食べない。甘いものを好む他の霊長類や鳥類との競争を避け、独自の嗜好を形成していったとみられる。

 研究では、味の好みを調べようと、コロブス類の遺伝子を利用し、甘味を感じるタンパク質(受容体)をシャーレ上で作製。糖類を加えても、この受容体が反応を示さなかったため、甘味を感じにくいことが分かった。

 雑食として知られる、近縁のマカク類のニホンザルは、同様の実験の結果、人と同じぐらいの甘味感覚を持っていた。

 食の好みを明らかにすることで、特殊な食生活を送る動物の保全に役立てられるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ