PR

産経WEST 産経WEST

【台風21号】明石城や西宮砲台など兵庫県内の文化財13件に被害 

しっくいが剥がれた明石城の巽櫓(兵庫県提供)
Messenger

 台風21号で国指定文化財の明石城巽櫓(明石市)や国史跡の西宮砲台(西宮市)など県内の文化財13件が被害を受けたことが、県教委のまとめでわかった。

 県教委によると、明石城の巽櫓は暴風雨でしっくいが約2平方メートル剥がれ落ちた。巽櫓は8月に上陸した台風20号でしっくいが剥がれる被害があったばかり。

 江戸時代末期に建てられた西宮砲台は高潮で約1・5メートルまで水につかり、外壁のしっくいが剥がれた。周囲のフェンスも倒れた。

 国指定文化財ではほかに、本興寺(尼崎市)の縁側の手すりの一部が外れ、神戸・異人館を代表する旧ハンター住宅(神戸市灘区)の窓の留金が落下した。

 県指定文化財では、明治時代の洋風建築・旧辰馬喜十郎住宅(西宮市)の屋根瓦が一部落下。江戸時代後期に建てられた旧小阪家住宅(尼崎市)は、かやぶき屋根の一部が外れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ